転職前

上司に怒れない方法

「何をやったらいいですか?」「これしてもいいですか?」

日本の会社ではこういう質問をする部下が多いです。

何をするにせよ、上司の許可が必要ですからね。

当然です。

部下が何でも勝手にしたら怒られます。

報連相が大事な事は言うまでもありません。

就業規則でそう書いてある通り、上司の命令は業務命令で絶対です。

だから何でもかんでも部下は上司に許可を必要とするんです。

けれどそれが絶対いいとは限りません。

何でもかんでも上司に許可を求めていては上司も腹が立ちます。

つまり低次元なことについてあれこれ質問するなということです。

今、私バイトを扱っているんですが、「トイレ行っていいですか?」と聞くバイトがいます。

正直、「そら行ったらいいでしょ」と思います。

もしアカンって言ってこんなところで漏らされたら非常に困ります。

幼稚園児かい!とツッコミを入れたくなります。

あと「ゴキブリ出ました!どうしたらいいですか?」てなこともありました。

「いやいや、そんなもん、殺せよ!」てな感じです。

このプレゼン資料どうですか?とかこの会社、どのように攻めていってはどうですか?等という内容の濃いことを聞かれるならまだしも、こんな低次元なことを聞かれたら溜まりません。

ちっとは自分で考えんかい!となるものです。

それに比べアメリカの会社で一番聞かれるのは

「で、お前はそうしたいんだ?」

「それは分かった。で、お前はこの件でどう考えてるんだ?」

ということです。

自分自身の意見を望みます。

上司は部下の自立した考えが欲しいのです。

だから赤ちゃんのように何でも聞いていたら怒れます。

「コピー機詰まりました」

「説明書読まんかい!」となるのです。

だけど部下にも部下で言い分はあると思うんですよ。

「けど勝手にやったら怒られるから何でも聞いてるんですよ」と。

分かります。

分かります。

自分で考えろ!って言われても勝手にやったら勝手にやったらそれで怒られます。

「何勝手にやってんねん!」

逆に何でも上司に聞いたら怒れます。

「そんなもん、自分で考えろ!」と。

「一体どっちやねん???」とツッコミを入れたくなるでしょう。

何でもかんでも許可を取っていたら怒れるし、自分で考えて行動しても怒れるし、、、

ではどうすればいいのか?

それはTPOです。

「これは上司に許可を取ってやるべきか?」

「これは自分で考えて行動する案件か?」

そのジャッジメント判断を磨くのです。

質問する前にそれを考えるんです。

けど不条理な上司は困ります。

とにかく何でもかんでも怒る人。

俗に言うパワハラ上司のことです。

機嫌不機嫌によって変わるんですよね。

「ある時は電話繋げ!」と言いながら

繋いだら「忙しいねや!」とか言うんですよ。

こんな時は上司の機嫌不機嫌なバロメーターを読むことが必要です。

上司の天気予報です。

よく会社でありました。

外回りから帰って来て

「どう?(上司の)天気予報は?」

「雨」

「雷」

「台風」

「大震災」とか、、、

けど余りにも不条理な人はもう辞めるしかないですよね。

以上。