転職前

上司に舐めないように

上司をナメたらいけません。

若い頃は上司をナメます。

口からでまかしします。

しかしそんなことは罷り通りません。

僕、今、学生バイトを雇ってるんですが、、、

例えば「年末年始シフト入れる?」って聞くじゃないですか、

「年末年始ですか、いやーおばあちゃんが来るので、、、厳しいです」で誤魔化そうとするんですね、

けど僕、思います。

おいおい。

20歳も過ぎて、おばあちゃんかよ!

誰だって年末年始は忙しいですよ。

おばあちゃんだって確かに孫の顔を見たいだろう。

だけどおばあちゃんが来ると言うてもウチは12-31~1/3まで休みやで。

旅行に行くならともかくこれだけ期間があればおばあちゃんも十分孫の顔を見れるやろって思うんですよ。

そんな稚拙な理由言うなよ!と思うんです。

けどみんなそんなレベルで上司を誤魔化そうとするんですよ。

とんでもないです。

あと車の免許更新とかでも休もうとするんですよ。

「ちょっと車の運転免許取らなアカンですし、、、」とか言うんですけど

「それ一体何時から何時までやねん!」と反論したくなります。

車の免許なんてせいぜい2時間あれば行けるやろ。

24時間拘束されるんか、一日潰れてバイト行かれへんのか!と思いますね。

このように若い頃はそういう低次元な適当さで誤魔化すことができると思っているのです。

けど社会に出れば絶対通用しません。

ガキの使いやあれへんねんから。

例えば会社に入って期限過ぎてしまって提出物を出すのを忘れて自宅に帰ったとするじゃないですか

部下「すみません。あの書類出すのを忘れました、、、」

上司「でっ、?」

部下「もう自宅で帰ってしまってて、、、」

こんな時、若い奴らは上司のこんなセリフを待っているでしょう。

「そっか、しゃないな。それやったら明日でいいわ」

しかし残念ながらこのセリフ、上司は絶対に言ってくれてません。

絶対来いと言います。

「いや実は酒入ってて、運転できなくて、、、」

こんなこと言うたら火に油です。

「じゃあ、電車で来たら?」

「帰りが終電で間に合いませんが、、、」

「じゃあ、タクシーで帰れば?」

絶対上司から助け船を出さないという事です。

ではどうすればいいのか?

「今から行きます!」という一言です。

自分の犠牲を差し出すのです。

サクリファイス。

「今から会社へ行きます!」

元気はつらつこのように言いましょう。

この時初めて上司はあなたを認めるでしょう。

「いや、もう明日でいいよ!」

適当にごまかそうなんて絶対無理です。

これは肝に銘じて下さい。

分かりましたか?

上司を絶対舐めては行けません。