転職前

残業代を請求しよう

リーマン生活20年の中で僕が声を大にして言いたい事があります。

それは残業代を請求しようと言うことです。

残業代を請求してガッポリ貰おうということです。

特に中小企業の諸君には。

「残業代?そんなん請求するのん面倒くさいやん!ややこしいんちゃうん?労基署とか弁護士雇ってやるん?」「そりゃ残業代は欲しいけど、面倒臭いなぁ、、、」

そう思うでしょう。

何を隠そう、僕も思ってました。

しかしそんなことないです。

意外と簡単です。

タイムカードを持って労基署に行けばいいだけです。

本当にそれだけです。

ややこしいことではありません。

誰でもできます。

ですので今日は残業代の請求方法をお伝えしたいと思います。

是非お役に立てて下さい。

僕の経験談

若い頃は残業代を請求しようなんて全く思ってませんでした。

新卒1社目の会社もむっちゃ残業したのに請求しませんでした。

そもそも残業代なんて支払われないのが常識だと思っていたからです。

コンプライアンスがうるさい時代でもなかったです。

自分の知恵もなかったです。

僕も20代で若かったので労基法なんて知らなかったです。

会社、社会と言うものを知らなかったです。

過労死が美徳と言う時代でもあったので。

って言うか、そもそもこのブラック企業を辞めるので精いっぱいでしたから。

辞めればそれでいいという感じでした。

2社目もブラック企業でしたが請求しませんでした。

こちらも辞めればそれで十分だと思ってましたから。

きっかけは3社目の時でした。

僕の先輩がその会社を辞めたのですが、後に「残業代取ったで」と僕に報告してきたのです。

「えっ?本当ですか?」

「本当は100万くらいだったが、50万にして欲しいと言われ、まl、いいかと思ってもらった」と言いました。

50万にしてくれ!って何やねん!と思ったのですが、それはさておき。

「ふうん。そんな簡単に貰えるんだ」と思いました。

聞くと辞める時にタイムカードをコピーして社長に請求したらしい。「残業代を払わないと登記所に行きます」と言うと、社長からならば「半分」ということで即決したらしい。

50万でもラッキーです。

今迄残業代欲しいなぁ、とか残業代支払われないのがオカシイと居酒屋でブツブツ言う先輩や同僚や後輩はいましたが、現実に実行に移すヤツはいませんでした。

しかしその先輩はやってのけました。

それはそれで男前だと思いました。

「お前も辞める時やったらええやん!」と僕に伝えました。

で、その時、「僕も残業代を請求しよう」と思った次第です。

今迄、僕はいい子ちゃん過ぎたと思いました。

これからは悪くなろうと思いました。

いや、そもそも残業代を要求するなんて当たり前のことなので、当たり前の事を主張する強い人間になろうとしました。

その時になれば僕も世の中の荒波に揉まれ、社会や会社の欺瞞に気付き始めました。

情けない話でしたが。

これからは社会と戦おうと決めたのです。

とは言え、さすがに在籍中に残業代を請求しようと思いませんでした。

で、後にたまたまその会社をクビになりました。

正式言えば不当解雇ですが。

腹が立ちました。

で、残業代を請求してやろうと思いました。

ではどのようにすればいいのか?

何も要りません。

タイムカードだけです。

しかしここで問題が起きました。

何とタイムカードがなかったのです。

その先輩が残業代を請求した後、社長がタイムカードがなくしたのです。

もちろん残業代を請求されるのが困るからです。

で、僕は考えました。

何かいい方法はないかと。

で、いいいことを思いつきました。

毎日、業務日報を本社にメールで送っていたのでその日報をコピーすることにしました。

メールには送信時間が書いてあるのです。

時効は2年です。

2年分の日報をコピーすると500枚以上になりました。

で残業代を計算すると140万でした。

本当にその会社の居心地がよければ請求するかどうかと迷ったと思います。

僕も人の子ですから。

しかし不当解雇で腹が立ち、請求しました。

この時に必要なのは勇気だです。

上司に言いにくいからも知れません。

元々僕もひ弱い社員でしたので言うのは嫌でした。

しかしこれは決して不法なことでないのです。

そもそも支払わないのがオカシイのです。

なぜ被害者が気を遣わなければならないのでしょう。

オカシイです。

お金を借りた人が貸した方より強気に出てるみたいです。

だから堂々と言うことに決めました。

「今までの残業代150万円です。支払って下さい」と言って日報メールのコピー500枚を提出しました。

あっさりOKでした。

僕もびっくりすうるくらい。

で、翌月には150万支払われました。

今までで、情けない話、最高でも30万くらいの賞与でしたが、一夜にして150万を貰いました。

かくもこんなにあっさり貰えるものかと思いました。

だからなぜみなが請求しないか不思議でなりません。

残業代を請求しましょう。

もちろん、会社によってはすぐにOKしてくれるとは限りませんが。

因みに僕が全額支払われて先輩が半額になったのは、先輩が二年間のタイムカードをコピーできずに、概算で出したからです。

必要なのはタイムカードと勇気だけです。

てな具合で宜しおまっか。