転職前

転職エージェント・転職サイト・ハローワーク

いざ転職すると決めれば次にどのような方法で求人を見付けたらいいか悩むと思います。

転職の求人は主に①転職エージェント②転職サイト③ハローワークがあります。

ではそれぞれの特徴を書いてみましょう。

転職エージェント

メリット

・エージェントが求人を紹介してくれる

・エージェントが給与交渉してくれる

・良質企業が多い(企業が多額な金を出すので)

・非公開求人が多い

デメリット

・基本「待ち」のスタイル

・こちらの希望してない案件をどんどん紹介される

・良質案件が多いのでそれなりのスキル・キャリアが必要

転職サイト

メリット

・求人件数が多い

・応募がラクチン(一度履歴書と職歴書を作ればキーボードをカチッ!で応募終了

デメリット

・スカウトメールがどんどん来る

ハローワーク

メリット

・ハローワークの職員が対応してくれる

・応募人数が分かる

・合否結果が分かりやすい

デメリット

・最初の段階で履歴書を郵送しないと行けない

・儲かってない会社が多い(無料で掲載できるので)

・自宅で出来ない

えっ?そんなもん分かってるって?って。

ですよね。で、どれがいいの?

基本的には転職サイトがいい

上記のことを読めば一番いいのは当然転職エージェントです。

そりゃ何もせず勝手にエージェントがやってくれるわけですから。殿様気分です。けどこれはデメリットがありましてやはりそれなりのスキル・キャリアは求められるというのがあります。

あくまでもこのブログは中小企業編ということを考えれば、転職サイトとエージェントをどちらに優先すべきかと言えば転職サイトと言わざを得ません。

なぜかというとエージェント使う会社って紹介料が紹介者の年収の30%くらい取るから良案件、優良企業が多いわけです。となると当然それなりの人材を求められるんですよね。

だからそれなりの学歴や職歴があればエージェントをメイン、サイトをサブにしてもいいかもしれませんが、それ以外の人は転職サイトをメイン、エージェントをサブの方がいいかもしれません。

ハローワークは20,30代なら特に必要ないです。

基本的におっさんとおばはん相手なんでエージェントとサイトで十分だと思います。

ただし40代以上になると必要です。

転職エージェントには気を付けよう!

何を隠そう僕も同業種で「紹介する」立場でいたのでエージェントには気を付けようてなことです。

エージェントで何が一番腹立つかと言えば自分の希望していない案件を紹介してくるという点ですよね。

僕も実際広告代理店を希望しているのになぜか不動産業界薦められました。

「不動産業界なんて考えてないですけど、、、」と言うと

「〇〇さん、ここはちょっと間口を広げましょうよ」

「広げすぎやろ!」

挙句の果て、まさかの派遣社員案件も薦められるし、、、

あくまでも紹介予定派遣ですから、って言われて。。。

けど、まぁ、そりゃそうでしょっていう気持ちもあります。

何を隠そう、僕も人材派遣会社にいたので「この案件はこの人に合うのかな?」と思っていても一応案件を紹介しますね。

なにせ、マッチングさせなければエージェントは儲からないし、担当者の売上目標もありますからね。

こちらの希望も聞かずにどんどん紹介してくる商売っけ丸出しの担当者もいますが、熱心なスタッフもいるでしょうから。

現に熱心な担当者もいましたし、その人は良案件を紹介してくれたこともありましたから。

まとめ

転職サイトを柱に転職エージェントを併用しよう。

てな具合で宜しおまっか?