転職前

転職者が言ってはいけない一言

晴れてブラック企業から脱出して転職。

嬉しいですよね。

さぁ、新しい職場で頑張るぞーーー。

その意気でいいと思います。

但し気を付けて下さい。

油断していると新しい職場でも注意を受け、果てはパワハラを受けそうな社員として認識されますから。

転職者が言ってはいけない一言があります。

えっ?そんな一言あるの?

ハイ、あります。

何?何?

それは、、、「前の会社ではどーのこーの」です。

「前の会社ではあーだったこーだった」的な発言です。

「前の会社では1,000円以下の備品は自由に発注できた」「前の会社は日報は簡易事項だけだった」「前の会社では、皮靴でなくてもよかった」エトセトラ、、、

ブツブツ言うヤツがいます。

在職者の僕らは思います。

「そんなもんイチイチ言わなくてもいいがな!」

会社の数だけルールがあります。

「ガタガタ言わずに郷に従え!」と怒鳴りたくなります。

特に同業界の転職の時は気を付けて下さい。

みな、調子に乗るんですよ。

「ハイハイ、俺、そんなん知っているから、、、」

「分かってるから、、、」

何なら「あんたよりこの業界知っているから、、、」みたな態度で来るんですよ。

コレ、いっちゃん(一番)腹が立ちます!

「お前、知ったかぶりするな!」

「てめえ、この会社舐めるなよな!」

「調子乗るんじゃねーぞ!」

腸が煮えくり返ります。

バイトリーダーみたいなやつですよね。

「俺、長いし、社員と仲いいし、、、」

「コレ、こーすよね!前の会社で経験したので、、、」

「それくらいは前の会社でもやってたんで、分かってます。知ってます!」

的なセリフ。

「黙って聞かんかい!」

本当にクレバーな人間は分かっていてもしらないフリをします。

可愛いがられる術を知ってるんです。

皆も生意気・調子がいいヤツと認定される前に「可愛がられるキャラ」に認定された方がいいです。

けど比較的、異業種転職の場合はそういうのはないと思います。

皆、白紙の状態で、まだキャンパスは白紙で来るので。その業界のことが分からないので新鮮で純粋な謙虚な気持ちで来るんですよ。

それでいいいんですよ!

だから意外と「異業種からの転職者の方がいい」という会社もいます。

勝手が分からないというデメリットがあるんですが、白紙の状態・純粋な気持ち・謙虚な姿勢で仕事に取り組むので、大化けする可能性が高いんですよ。

経験者って意外と、固定観念に拘束されていて大化けする可能性は少ないんですよ。

そういう側面はあると思います。

だから同業者転職の時ほど謙虚に行くべきです。

自信があってもそれを隠すべきです。

「これ、〇〇しといて!」

「えっ?○○するんですか?」

「うん。何で?」

「いや、前の会社では効率悪いという事で〇〇はしなかったんで、、、」

コレ、安易にウチの会社を批判しているのです。

腹立ちますよーーー。ムカつきますよーーー。

黙って実行しとけばいいんですよ。

で、ある時、「○○君、何でそんなん知ってるん?」

「いや、前の会社でやってたんで、、、」

その方が断然カッコいいです。

キムタクになりましょう。

謙虚な気持ちで行きましょう。純粋な気持ちで行きましょう。

宜しおまっか。