転職中

バイトから正社員ってアリなん?

おそらく皆様は大学四回生の時に就職活動をして内定を貰って就職するという考えで、バイトから正社員になるというのは考えられない思考の持ち主だと思います。

多くの人にとってバイトはあくまでも学生時代にするものだという考えだと思います。

もちろん副業とかリストラに遭って一時的にバイトするというのはあるかもしれませんが、基本的にはバイトから正社員というパターンは余り考えられない思考の持ち主だと思います。

僕もそうです。

そもそも社会人になってバイトするなんて嫌ですよね。

副業としてブログやYou Tuberでバイトするのはいいですが、コンビニや工場でバイトするなんて第一時間がないし、身体がもたないです。

しかーーーーーし

ここは発想転換でバイトからその会社に入社するのも一つの方法ということを伝えたいと思います。

バイトからの就職も意外と悪くはないぞ、と。。。

僕がバイトから正社員になった体験談

44歳の時、僕は会社をクビになっちゃったんですよ。

とは言っても会社の金に手を出したり不倫をしたわけではありません。

念のため。

で、さすがに40歳過ぎてすぐに仕事が見つかるはずはないだろうと思ったので仕方なくバイトを始めました。

失業保険もすぐに切れるだろうと思って。。。

あくまでの生活資金のためです。

けど正直嫌ですよ、40歳過ぎてバイトするなんて。

先ほど言ったようにコンビニで女子高校生と一緒にバイトするなんて恥ずかしいです。

で、塾講師のバイトしたんですよ。

それは時給がいいからとかそんなんではなくて、単に興味があったから。

「僕ってひょっとしたら分かりやすく教えることって得意かな?」と思ったんですよ。

で、三カ月そのバイトを続けながら転職活動に励んだんですが、40も過ぎていたので中々決まらず悩んでいたんですよ。

で、ある時バイトしながら気付いたんですよ。

このバイト、何か居心地よくない?

別に塾長の仕事とか見ていると「ラクそうだし楽しそうだし、、、ここで働けたらいいな」と思ったんですよ。

で、バイト先の塾長に相談すると「募集やってるよーーー。年齢的にもウチは問題ないよー」って言って貰って、おまけに塾長の推薦もしてもらって。

で、あれよあれよと言う間にバイト初めて半年後、なんとその会社に就職が決まったんですよ。

これは自分でも超意外でした。

まさか自分がこのようなルートで就職が決まるなんて夢にも思わなかったです。

なんせ、このバイトは生活資金のために始めたバイトで、就職を狙って始めたバイトではないですから。

けどそこで就職してしまったんです。

バイトから就職なんて夢にも思わなかったですが、実際自分の人生で起こったのです。

産まれて初めての「棚から牡丹餅」です。

よく「何でこの会社に働こうと思ったんですか?」って聞かれて「いやー、たまたま、、、」と答えている人いるじゃないですか、今までは「そんなたまたまあるかい!」って思ってたんですけど、ついにありました!

バイトからその会社に入るメリットってたくさんあると思うんですよ。

  • 社風が分かる
  • 給与・賞与・休日などが聞ける
  • 実態が分かる

何より

バイトから正社員になれば

事前にその会社がブラックかどうか

分かる

これは本当に大きい事です。

これさえ事前に分かればもう転職活動において勝利したのも同然です。

バイト時代、僕は事前に正社員の塾長の方に根ほり葉堀り、ストーカーのように聞き出しました。

給与、賞与はいくらか?昇給はあるのか?年収は上がっていくのか?社風はどんな感じか?年間休日は何日か?有給は取れるか?帰る時間は早いか遅いか?残業代は出るか?離職率は高いか?会議はあるか?あればその会議はつまらないか?成績が悪かったら詰めれるか?会社はヤイヤイうるさいか?転勤はあるか?パワハラはあるか?リストラはあるか?儲かっているか?将来性はどうか?上司はどんな感じか?

で、事前情報◎と判断し、転職しました。

で、40歳過ぎてついにブラック企業から脱出できました!

だから皆様も固定観念に固執されないようにして下さい。

で、バイトを選ぶ際、気を付けて頂きたいことがあります。

バイトは「時給」より「興味」のある方を選ぼう!

「時給が高い」とか「仕事がラク」というより「興味がある」とか「好き」でバイトを選んだ方がいいと思います。

好きでやっていた方がそこから何かが派生して、棚から牡丹餅的なことが起こるかもしれないませんから。

だから自分の好きな業界でバイトした方がいいと思います。

まとめ

転職活動中、興味のあるバイトを始めるのも一つの方法です。

そこからひょなことが起こる可能性があります。

よく売れた俳優に「なんで俳優に就いたんですか?」という質問に「たまたまそこで事務所の社長に声をかけられて、、、」とか「偶然その舞台をプロデューサーが見てて、、」とか言われたなんてことを聞いたことがあると思うんですよ。

そんな偶然が自分の身にも起こるかもしれません。

なんせ、この僕に起こったわけですから。

是非頭の片隅に入れといて下さい。

てな具合で、宜しくでおまっか?