40代の転職

40代の転職は厳しい?

40代の転職は厳しいのか?

今、40代で転職を考えている人、転職を余儀なくされた人、または会社の将来性を見るといつか自分の身に降りかかっているかもしれないと思っている人でしたら、そのようなことに関心があると思います。

SNS上では「40代 ミドルの転職」とか「40代 ハイクラス 転職」の転職とか「40代 年収800万の転職」とかそーゆーサイトが盛んなので、あたかも40代でも転職が成功できるような錯覚に陥りそうですね。

確かに現在、少子高齢化の日本は人手不足で外国人労働者に頼らざりをえない状況で、有効求人倍率も1.5倍、世界一の平均寿命、定年の延長ということを考えたらそのような考えは一理あるように思えます。

吉野家やマクドナルドでもおっさんやおばさんが働いてますしね。(パートですが)

ただだからと言って今の時代、40代の転職でも上手く行くかと言えば僕は疑問を感じざるを得ません。

いや、もちろん大企業の支店長クラスで何十名もの部下をマネージメントした経験があり、他社からヘッドハンティングされそうなスペシャルな人は別ですよ。

僕が言っているのは、そのようなエリートではなくて単なる一兵卒またはマネージメントがあると言っても中小企業で数人の部下を受け持っていたというクラスのしょぼいマネージャーの場合です。

そういう場合での40代の転職はいかがなものかと言っているのです。

僕は30代で2回、40代で2回転職を経験しました。

その経験を踏まえ、40代の転職のリアル、実態をお伝えしたいと思います。

40代で転職を余儀なくされた方はこれを読めば40代の転職の実態を知ることができてお役に立つと思います。

是非参考にして下さい。

では行きます。

まず40代の転職が厳しいかどうか?

はっきり言います。

40代の転職は厳しいです。

いや、ムチャクチャ厳しいです。

これが僕の正直な肌感覚です。

僕は40代で二度クビに遭い、転職を余儀なくされました。

まさか自分が40代でクビになるなんて夢にも思わなかったです。

青天の霹靂でした。

言っておきますが上司の女に手を出したとか、会社の金に手を付けたとかそういうのではございません。

はっきり言って不当解雇です。

今でも腹の虫が収まりません。

それはさておき。

クビにされた当日は落ち込み、世界の終わりのように感じましたが、なぜか翌日からは元気を取り戻し、「なんだかんだ言っても先進国日本なら大丈夫だろう!」「どこか一社くらいは僕を雇ってくれるだろう」「人生、何とかなるさ」と開き直り、転職活動を始めました。

けどとんでもなかったです。

予想以上に転職活動は難航し、厳しい現実を突きつけられました。

40代の転職は厳しい、いやむっちゃ厳しかったです。

では40代の転職の何が厳しいのか?

まとめてみました。

世間的に厳しい

●20、30代ならまだしも40代で履歴書を書くというのはかなりツライです。

そもそも履歴書を選考する年齢ですから。

最近の履歴書はパソコンでOKですが、「履歴書在中」と言う白い封筒を買いに行く時に店員から「このおっさん、無職なんやな」と思われているような気がしてしまいます。

ましてや履歴書用の写真を写真屋さんに撮影に行くとなると恥ずかしいです。

40代の人が写真屋に撮影に行くとなると「子供の誕生日祝」や「七五三」の写真ですが、僕はリクルートスーツ来た「就職用」の写真ですから。

間違いなく店員は「無職」として見られます。

●ハローワーク行くこともあるのですがそれもにツライです。

仕事を求めて40代のおっさんがハローワークでパソコンをカチカチコチコチ。。。

「一体、俺は40歳にもなって何をやってるんだろう?」と思ってしまいます。

一生懸命小さい頃から勉強して「いい大学」「いい企業」に入ることがよしとされてきました。

僕もそれを信じてました。

「いい大学」「いい企業」とは行きませんでしたが、一応大学を出て正社員として企業に就職しました。

だけど40代で無職。

ふと感傷的になります。

時にはハローワークの年下の女性の相談員にアドバイスを貰うこともあります。

情けない話です。

(悲)

●家族・親戚からも「40代でリストラ、転職」となると、白い目で見られます。

20、30代ならまだしも40代なら「頑張って!」より「大丈夫かいな?」「どないしたんや?」って感じです。

年内までに就職が決まらなければ針の筵(むしろ)です。

正月で家族・親戚が集まる中、「〇〇さんは、仕事いつからですか?」とか、久々会った親戚から「今は何をされているのですか?」とか「景気はどうですか?」なんていう会話にも入って行けません。

仮に親戚が僕の事情を知っていればその話題はタブーになり、皆、よそよしくなります。

本当に肩身が狭い思いをします。

●同級生とか同世代の友達は会社でそれなりの地位を築くか、フリーになったり自営したりする年齢でしょう。

もっと言えば地方で暮らすなどしてセミリタイヤする年齢です。

そういうヤツらから「飲みに行こう」と誘われても行きづらいです。

プライドが邪魔して「クビになった」とも言えませんから。

「ちょっと忙しくて、、、」と言って断ることになります。

20代なら「上司にむかついて会社辞めたわ!」なんて言えば武勇伝になりますが、この歳で無職なら武勇伝どころか単なる黒歴史になります。

よく同窓会に出席するヤツは「人生が上手く行っているヤツらだけ」なんて言いますが、その通りだと思います。このタイミングで同窓会に行ったら間違いなく僕にマウントを取るヤツばかりでしょう。

「えらいこっちゃ、やな」なんて言われても、おそらく腹の底では笑っているのだろうと勘繰りたくなります。

他人の不幸は蜜の味ですから。

こんな時期に同窓会に誘われたら集合場所の居酒屋に爆弾を仕掛けるかもしれません。

●場合によってはバイトを始める必要もあるかと思います。

しかしバイトですら簡単ではないと思います。

何を隠そう、僕も失業中、バイトしようと履歴書を郵送しましたが、なんと3社から不採用でした。

本当に情けないです。

そりゃそうですわな、40歳のおっさんなんて要らんわな。

履歴書を見た時点で「何で40過ぎてバイトやねん!」「倒産かリストラに遭ったヤツやな」と思われるでしょうね、間違いなく。

そんな運気の悪いヤツ、要りませんわな。

とにかく40代で無職なら世間の目は厳しいです。

長期戦で厳しい

僕は30代で2度転職し、その時は三カ月くらいで転職活動は終了しましたが、40代になると長期戦になる可能性が高いです。

ひょっとしたら半年から1年くらいかかるかもしれません。

そうすると在職中ならまだしも離職後でしたら失業保険内の期間で決まる可能性は少なく、40オーバーでバイトを始める必要が出てきます。

長期戦はすなわち経済的に厳しくなることを意味します。

経済的困難はすなわち精神的にも厳しくなります。

また長期戦になると次の就職先も妥協してしまいそうな感じになるかもしれません。

最初は給与・通勤距離・仕事内容などの条件に拘っていましたが長期戦になると「もう、どこでもえーわー」となるかもしれません。

やりたいことなんて言ってられません。

決まったところがやりたいことです。

好きになった人がタイプって感じです。

給与面、時間面、仕事内容など面全ての見直しが必要になるかもしれません。

また離職中で転職活動期間が長期化すれば転職にも不利になります。

履歴書に記入されるのは年齢・学歴・職歴だけではありません。

履歴書には無職期間も掲載されることになります。

当然そのことは書類選考上、不利になります。

「1年も転職活動してまだ決まらんのかい!」「「1年の間コイツは何してたんや?」「この1年の間で他社で決まらんということは大したヤツではないな」と思われてしまいます。

長期戦になるということは経済的にも精神的にも厳しくなり、転職にも不利になります。

書類選考が通過しない

何が厳しいってこれが一番厳しいです。

なんせ、送っても送っても書類選考が通過しませんから。

何枚履歴書が返却されたことか。何通お祈りメールを受信したことか。

さすがに40代ならそりゃ確かに厳しいだろうとは感じてました。

しかし心の奥底では先進国ニッポンですから「そこまで深刻なことはないだろう」と高を括っていました。

現に我がニッポンで餓死している人やホームレスやルンペンなんていませんから。

しかし、そんなことはなかっです。

予想以上に厳しかったです。

不採用通知は80社にのぼりました。

80社ですよ、80社。

これは完全にメンタルやられます。

その結果、書類選考が通過しても、精神的余裕がないグロッキー状態で面接に行くのでネガティブマインドになり、面接で落ちます。

そうするとどんどん悪循環に陥ります。

10~20社なら仕方がない、30~40になるとヤバイ、50~60なら超やばい、70以上になればバイトか一生派遣か腹を括るくらい、100以上不採用通知が続けば生活保護さえ覚悟せざるをえません。

40代転職になると一生非正社員、バイトが頭を過ります。

40代転職になると自営しかないという思いも頭を過ります。

40代転職となると生活保護も頭を過ります。

というわけで

40代の転職は厳しいのではなく、むっちゃ厳しいです

肝に銘じて下さい。

ではなぜ書類選考が落ちるのでしょうか?

そもそもスキルや経験は関係ないのです。

僕も何とか書類選考を通過しようと履歴書や職歴書などを工夫したんですが、はっきり言ってそんなん関係ないです。

そもそも40代以上の履歴書は40という数字を見ただけで、不採用が決定するのでいくら履歴書や職歴書を工夫したところで意味がないんですよ。

選考という名の土俵に上がらないんですよ。

土俵にのぼって、つまりライバルと勝負してスキルや経験が劣って負けたのなら納得いくんですが、そもそも勝負して貰えないのがツライんです。

まとめ

40代転職となるとまず世間的に厳しいです。白い目で見られるので家族や親戚や友達とも会いたくないという気持ちになります。

また長期戦になると経済的・精神的にも厳しくなります。

また転職活動が長引くと、就職にも不利にもなります。

そして何よりも厳しいのは履歴書を応募すれど応募すれど一向に書類選考が通過しないことです。

これが一番堪えます。

てなわけで、「ミドルの転職」「40代転職 800万」などのこぴーにダマされずに今の会社で頑張っていくのが一番いいです。

但し、倒産やリストラなら仕方ないのでまずは厳しいことを受け入れましょう。

言っておきますがこのサイトは現状は厳しいと言っているだけで40代の転職が成功しないとは一言も言ってません。

まずは厳しいということを受け入れることから始まるということを言いたいのです。

それを受け入れて初めて積極的な転職活動が始まるのです。

てな具合で、宜しおまっか?